みちくさブログ

麻ちゃんです!!

始めまして!アルバイトの麻子です。8月からファミリー入りした一番の新米です。個性豊かでパワフルなファミリーと共に毎日楽しく仕事をさせてもらっています。
そんな私にもついに”みちくさ”の宿題が!!事の発端はある朝の何気ない会話から・・・。
「麻ちゃん、国語得意?」と若旦那。
「作文は好きでしたよ。」と私。
”口は災いのもと”まさにこのことです(笑)そんなこんなで少しの間お付き合い下さい。

さてさて、皆さん徳沢の名物と言えば何を連想されますか?
たくさーん出てくると思いますが、名物の一つといえば、そう!! ソフトクリーム。
夏の忙しい時期からファミリー入りした私。喫茶でソフトクリームを食べる為に首を長ーくして待っているお客様の長蛇の列!その対応に必死にソフトクリームを作っている喫茶のスタッフ。その光景をみて「大変そうだな」と思いながらもどこか他人事だった私。
ところが、ある日から他人事じゃなくなってしまったんです!

ある日、突然の若旦那からの喫茶担当宣告。
「麻ちゃん、今日から喫茶担当よろしく」
「えっ!?」・・・もともと人と接するのが大好きな私。本来ならうれしはずのポジションです。
ところが”喫茶=ソフトクリーム作り”が待っているじゃありませんか!

実はファミリー入りする前にお世話になっていた所にもあったんです。ソフトクリームが。
あまりにも作るのが下手すぎて、ソフトクリームの注文がきた時は、他のスタッフに半ば強引に作ってもらって何とか逃げてこれたんです。
ところがここ徳澤園はそー甘くはありません。基本忙しく無い時は、喫茶はスタッフ1人対応です。ソフトクリーム作りは避けては通れない道なんです。

ソフトクリーム作り初戦(第一日目)。
あまりの下手さに、休み時間ほとんどのファミリー(スタッフ)がソフトクリームを買いに来てくれ、私の練習台になってくれました。中には苦笑するファミリーも・・・。
「そのうち慣れるよ!」
何人のファミリーに励まされ、うまく作れるコツを教えてもらったことでしょう。
今じゃ大分上手に作れるようになりましたが、最初は本当にひどかったんです。
お客様がソフトを注文される度、「あまり上手に作れないんですが・・・」と、本当に申し訳なく、頭を下げていました。

けど、徳澤園のお客様は本当に優しいお客様ばかりで、「大丈夫だよ」「上手、上手!」等あたたかい言葉をくれ、私のプレッシャーをなくそうとしてくれました。本当に下手くそで見た目の悪いソフトクリームを「おいしかったよ。ご馳走様でした。」と言ってもらえ笑顔をみせてくれた時の喜びはとても大きいものでした。
大嫌いだったソフトクリーム作り。今じゃお客様とコミュニケーションを取れる一番の近道。
食事はテーブルの上に置いて提供ですが、ソフトクリームは一つずつ、私の手からお客様の手へと直接渡ります。

最初は必死で余裕がありませんでしたが、今はお客様の顔を見てお渡しでき、嬉しそうな表情を見ることができたり、何気ない会話の始まりになったり・・・。この何気ない手渡しはとても大切なことなんだなぁとここ最近改めて実感させられます。
そんなソフトクリームも残りわずか。もうすぐお別れです。最初の頃は「早く終わっちゃえばいいのに。」と正直思っていましたが(皆さんごめんなさい)、今じゃとても淋しく、今まで以上に心を込めて提供させてもらっています。

レポート 麻子

8月最後に来た麻ちゃん。大阪出身のだということがすぐ分かる明るく元気な女の子です。
徳澤園のソフトクリームは、夏以降の主役です。疲れた体に染み込む甘さ。ソフトクリームを食べる為に山に登っているというお客様さえいます。
従って、当園の喫茶担当にとってソフトクリーム作りは避けては通れない道なんです。慣れてしまえば、簡単ですが、始めはとても戸惑います。その時のミックスの硬さによって、出てくるスピードも違いますので柔軟に対応しなければならなく、何よりもお客様に見られながら行うというプレッシャーもあります。
(山から下りてきて、待ちにまっていたソフトクリーム。お客様も真剣です・・・前の人よりも少し小さいと、言葉を発しなくとも目で訴えられます・・・)
毎年、新人はこの重圧に耐えなければなりません。角度が悪いと、ミックスが落ちてしまいます。ミックスを落としてしまうと、お客様は泣きそうな目で訴えてきますし、その間に生まれる変な空気間・・・
従って我々は、必ず
「ミックスが落ちますので、真っ直ぐにお持ち下さい」
と声をかけます。
しかし、まだ慣れないうちは、真っ直ぐに積むことができませんので、
「角度に合わせてお持ち下さい・・・」
と何とも間抜けな声がけになってしまします・・・

麻ちゃんを喫茶担当にしたのは、人数合わせでも、人が足りなかったからでもありません。人には、努力してもできないことが沢山ありますし、努力や意識をしていなくてもできている人もいます。
麻ちゃんが、誰よりも秀でていたもの。それは、お客様を和ませる雰囲気。失敗してもお客様を不愉快にさせない人柄です。
喫茶担当。すなわち、当園の顔です。だから今年の喫茶は麻ちゃんに任せました。
お客様も本当に気さくに麻ちゃんと話しています。
色々なお客様がいる中で、この子だったら、誰と接しても安心して見ていられる人。
これから先も大切にしてくださいね。

総評 若旦那

関連記事

2008年10月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
最近の記事
おすすめ記事
  1. 静かな日常

  2. GW!

  3. ご心配を…

  4. 長野県近県にお住まいのお客様

  1. 登録されている記事はございません。
TOP