みちくさブログ

言われてみれば

夏が終わりました。今年は順調にお天気にも恵まれ本当に多くのお客様が訪れました。

リニューアルしたみちくさ食堂、新商品を揃えたみちくさショップそして宿泊と毎日たくさんのお客様と接します。

人が集まれば、ドラマがあり、事件があります。もちろんこちらの不手際や、これから改善をした方がいいことを指摘して頂いたり、時には怒られたり…

こちらは改善出来るものは直ぐに改善。直ぐに出来ないものは来年への宿題とさせてもらいます。

私はフロント回りにいることが多いのですが、フロントまで来てお話してくださる方はだいたい誉めて頂いたり、気に入ってくださった方が多く、そのまま聞いていると、励みにもなりますし、どこか勘違いしてしまいそうな気分にさせられます。従ってお客様の本音を探るため、お客様通しの会話にそっと耳を傾ける(盗み聞きと勘違いされそうですが…)。そうすると、リアルな意見が聞こえてきます…

あっ~ダメだな~

こちらの本意が全く伝わっていない~

良かれと思ったことがお節介に~

時々、心も折れそうにもなります。

ただ、言われてみれば私の全く気づかないところにも気付かされます。

ご指摘もありますが、言われてみればこんないいところも徳澤園にはありました。

軒下

あるご婦人が私にこんな話をしてくれました。雨が降ったいたある日。

「私は上高地、北アルプスに何度も来ているけど、雨の度に徳澤園さんの懐の広さを感じます。」

「えっな、何がですか?」

「登山に雨はつきもの。ただ雨具があるので歩くのは問題ないのですが、止まって休憩するとき、食べるときくらいは雨を避けたいもの。上高地から横尾まで歩いていて、登山者のために軒下を作ってくれているのは徳澤園だけです。流石ですね」

「あっ。はい」
(全然気付かなかった…)

この建物は、十数年前に建て替えていますが、外観等はほぼ変わっていません。即ち、私の祖父が考え出した形です。多分、私は考えもつきませんでしたが、祖父はそこまで考えていたのでしょうか。いや、考えていたはずです…

弁当

宿泊のお客様に、必要な方には翌日のお弁当を販売しています。お弁当は辛い登山中の最大の楽しみ。

お弁当の内容は、新潟の美味しい餅米を竹竿に包んだ山菜のちまき、ソーセージ、一口サイズのカップゼリーに手軽に食べられるお漬物。とても好評です。

ガイドさんがお客様にお話をしています。

「ここのお弁当は、北アルプスで一番考えられたお弁当です。登山中道端でお弁当を食べなければいけない時が殆どです。雨なんかのときは歩きながら食べなきゃいけない時がある。箸を使う弁当。パンなんかは食べられたものじゃない。ただ、ここのお弁当はそこまで考えてあって、雨の中でも、手を汚さずに歩きながらでも食べやすいものを集めてある最高のお弁当です。ねっ」

(全然気付かなかった…偶然が重なっただけですが…)

ポカーン聞いていた口をキュッと塞ぎ、よく考えたお弁当でしょのドヤ顔!

今年からみちくさ食堂ではテイクアウトで飲み物を始めています。それに伴い製氷機を導入しました。人気のアイスコーヒー等に使っています。とあるお客様が、
「すごいね~天然水で作った氷はこんなにきれいなんだね~」

(またしても…全然気付かなかった…)

よくよく見ると、氷の中心部まで無色透明。本当に綺麗な氷です。不純物が全く無いのでそうなるのだと思います。

あるクチコミサイトには…カレーもソフトクリームも美味しいですが、何よりも食堂にあるサービスの水が一番美味しいと書かれています。

一番のお勧めが水って……

お客様目線とよく言われますが、本当のお客様目線とはやはりお客様の目線だと思います。
思いがけずこんないいところに気づかされとても嬉しくなりました。

関連記事

2015年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
最近の記事
おすすめ記事
  1. 9月連休中に徳沢キャンプ場をご利用のお客様

  2. テント

  3. ロゴパーカー

  4. 上高地に嫁いだ女性たち

  1. 登録されている記事はございません。
TOP