みちくさブログ

米と私

はじめまして。お米を担当している吉見です。

実家、鹿児島を離れ見知らぬ土地での生活にもだいぶ慣れてきました。米炊きの担当
になって早3ヶ月。起きてから寝るまで、頭の中はお米のことでいっぱいです。

女将の指導の下、毎日お米を研いでいるのですが、、毎日おいしく炊きあがるのかと
いうとそうでもないのです。でも、女将の研いだ米はいつも甘くておいしい。なぜで
しょう?同じように研いでいるのに・・・。

不思議に思って、一度女将に尋ねてみました。すると”愛情が足りない!”というの
が女将の答え。半信半疑な私でしたが、実践してみると、女将ほどではありません
が、お米がとても甘くなりました。そこで初めて、気温や湿度、水加減だけではおい
しく炊けないんだな。お米って奥が深いんだなって。とても感心したのを覚えていま
す。

最近はと言うと、米の硬軟と甘さに大きく影響する水加減が一番難しいです。硬すぎ
ても軟らかすぎてもおいしくないですし、水が少ないとあまり甘くないお米になると
女将から教わりました。

お米のことに関しても、一人の人間としてもまだまだ未熟者ですので、人生の大先輩
である女将の足元には到底及びませんが、いつか女将のように甘くておいしいお米を
炊けるように。そして、何事にも動じない強くてやさしい人になれるように日々精進
していきたいと思います。
100913-1

レポート 吉見

最初、箸にも棒にもならなかった19歳の娘吉見。今では、日本一おいしいお米を炊こ
うと一生懸命です。多い日には、1日20升近く、洗い、炊く。誰にでもできる仕事で
はありません。

背が高く、ボーイッシュなため、男の子に間違えられることもありますが、笑顔がと
てもかわいく素直な19歳です。

おいしい米と感じられたらぜひ声をかけてあげてください。励みになります。

総評 女将

関連記事

2010年9月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の記事
おすすめ記事
  1. 静かな日常

  2. GW!

  3. ご心配を…

  4. 長野県近県にお住まいのお客様

  1. 登録されている記事はございません。
TOP