みちくさブログ

改装

毎年、少しづつですが改装をしています。
昨年は、お客様の目に見えない部分で電気関係の改装を、一昨年は相部屋を、その前の年は女子風呂と洋室をと時代のニーズと前年のお客様の意見を取り入れてきました。
さて、今年はと言いますと、お客様の目の見える範囲で言いますと、2箇所変わります。

まずは、個室のテーブル。
今まで、味気ないものでしたが、今回特注で徳澤園の個室の雰囲気にあったものを作ってもらう予定です。
そして、もう一か所はラウンジ。
こちらは、個室のお客様も相部屋のお客様も使って頂けるパブリックスペースであり、色々な出会いを演出する大切な空間です。
より落ち着いて頂けるよう、そしてよりお話が盛り上がるようなスペースにできたらと思い少し改装することになりました。

今回個室のテーブル、ラウンジをお願いするのは、「ビクトリアンクラフト」という会社です。
ある友人を通しビクトリアンクラフトの斧社長を紹介されました。

090401-1

松本にある店舗にお邪魔した際に、その商品の数、品にほれ込んだこと。
また、斧社長の手がけてきた数々の店舗プロデュースを伺い、ぜひお願いしたいと思いました。
(斧社長は、ブリティッシュパブなどの店舗を数々プロデュースし、特にイギリス、アイルランドで有名なギネスビールの日本直営店プロデュースを多数手がけている方だそうです。)

3月上旬にイギリス。先日までイタリアに家具を買い付けに行って来た斧社長をようやく捕まえ、女将を交え先日その打合せを行いました。

090401-2

今ある家具も最大限に生かし、新しい内装と家具を同調させるプレゼンに女将と自分のテンションは上がりっぱなしでした。
徳澤園の中でも、ラウンジだけは少し上品な異空間。
居心地がよく、泊まって頂いた方のステータスとして落ち着ける空間であること。
それが、今回のテーマです。
ラウンジの窓は、女将が前からステンドガラスにしたかったという希望を受け、斧社長

「じゃあ徳澤園さんの為に、イギリスのマンチェスターにある工房に作らせましょう!」

と、こちらの楽しみも益々ヒートアップ・・・

内装の完成は4月のオープンに合わせて工事を行います。
但し、窓のステンドガラスだけは急遽決まったため、6月になります。

完成が待ち遠しい限りです。

レポート 若旦那

ビクトリアンクラフト → http://www.victoriancraft.com/

関連記事

2009年4月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
最近の記事
おすすめ記事
  1. 9月連休中に徳沢キャンプ場をご利用のお客様

  2. テント

  3. ロゴパーカー

  4. 上高地に嫁いだ女性たち

  1. 登録されている記事はございません。
TOP