みちくさブログ

「飛騨公房」

みなさん、大変ご無沙汰してます。閉山し、その後さまざまな作業や早々来年のツアーの旅行社との打ち合わせなどに追われ「みちくさ」をさぼりがちな若旦那にかわり、最近の出来事をレポートします。

私の実家は石川県なのですが、閉山後の家族行事(?)の一環として野沢菜漬けを樽ごと持っての帰省があります。
嫁いで最初の冬に女将が持たせてくれた自家製野沢菜。すっかり大ファンとなった実家の母たちは、以後毎年樽の設置場所まで整えて私たちが野沢菜漬けを運んで来るのを心待ちにしています。

今年も下山後に家族、親戚縁者用の野沢菜を女将と収穫し、おいしいおいしい野沢菜漬けができました。これを車のトランクにつんで、一路石川を目指します。今年は夏に東海北陸自動車道が全面開通したので、高山経由の金沢行きコースを通ることにしました。
安房トンネルを抜けるとそこは雪景色。
気分を良くして高山を目指していると、左手に何とも素敵なあたたかみのある建物が目に入りました。
私と若旦那は目を合わせて、「もしかして・・・ここって・・・」。
ふたりの感を信じて建物の駐車場に車を停め、ゆっくりと建物に向かってゆくと・・・・・・ビンゴ!
やはり見慣れたお顔に遭遇しました!

当園の超常連さんで昔から手作りベーコンやソーセージなどをくださった安田瑞彦さん。彼が常務としてまかされて今年から営業を開始した素敵な生ハムとソーセージの工房&ダイニングだったのです。
中に入ると生ハムの熟成過程を目にすることができ、さらにはダイニングでおいしいお食事をいただくこともできます。私たちは生ハムの盛り合わせを御馳走になり、さらにはどんぐりで育ったイベリコ豚の生ハムを目の前で削っていただき頂戴しました。(これはきっときっと大変貴重で高価なものに違いありません!!!)
081217
昼食を他で済ませてきたことを後悔しながら、たくさん持ち帰り分を購入してきたことは言うまでもありません。味も雰囲気も絶品でした!

素敵な時間をありがとうございました、安田さん!お仕事きっとお忙しいんだろうなぁというのはよーくわかりました、が、たまには息抜きにまたご家族で徳澤園にいらしてくださいね!私たちも来年から帰省の際には必ず御工房に顔を出させてもらいます!おいしい生ハムの味はやみつきになりそうなので・・・。

レポート若女将
(写真はカメラを忘れてしまい携帯電話で撮影してます)

今回の訪問先:飛騨公房 LUFT HIDA(http://www.luft-hida.com/)
高山から上高地にむかって来られる場合、右手にあらわれる素敵な建物です。ぜひ、お立寄りくださいね!

関連記事

2008年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
最近の記事
おすすめ記事
  1. 静かな日常

  2. GW!

  3. ご心配を…

  4. 長野県近県にお住まいのお客様

  1. 登録されている記事はございません。
TOP